Jarikoikstory

自身の欲求と感性に従い、物作りを通して経済独立を目指す!

無表情で無愛想な俺も素直に嬉しい

いらっしゃい、ツナギです。

 

他人の目から見たら一見ただの曲者ヤンキーにしか見えないツナギだけど、中身はそんなことはない。自分で言うのも難だけど俺は結構優しいし わりと真面目に生きてます 夜行性なので雰囲気が暗いだけです笑。

 

努力の甲斐あってか次第に好調な売れ行きを見始めたツナギのファッションブランド 「JARIKO」 メルカリやminneで販売していますが、寝る間を惜しんで作り込んでいる作品なので素直にとても嬉しいです。

 

制作過程のツナギの空間



今回始めてminneでの初売れがありまして、ネットショップでの旗揚げに歓喜してます。メルカリで購入される方もいらっしゃいますが、メルカリでの販売は一過性の商品購入が多く、ブランドファンやツナギ自身のファンを作るには至らないとツナギは分析しています。したがって、minneのような自身のネットショップを立ち上げてブランドとしてのお客さんの出入りを獲得したいと願っていました。

 

minneは女性ユーザーが多いと思うのでツナギの作品は需要少ないですが、、、、

 

男性へのプレゼントにいかかでしょうか?(笑)

 

現在は革小物の作品がメインですが、今後はバッグなどの作品も制作する予定です。ヤンキーが可愛いバッグやカッチョイイバッグ作ります!

 

本業との掛け持ち制作で倒れてしまうかもしれませんがそんなことはどうでもいいさ、やりたいことに全力を尽くしたいよ。

 

よければメルカリやminneのツナギショップ見てください、よろしくお願いします。

 

minne.com

 

メルカリ→https://jp.mercari.com/user/profile/666882329

 

 

なんとなく始めたブログ活動が継続している件について。100記事目。

今週のお題「練習していること」

 

練習ならまさにこのブログ活動なのかもしれない、タイピングのスピードアップとか文章を作るとか、言葉の意味を考えたり調べたり。

 

いらっしゃい、ツナギです。

 

ブログで書いているメインのレザークラフト記事は商品を制作しているので練習というと違う気がする。

 

最初はスマホでポチポチ始めたブログ活動もPCでのタイピングになり、ブラインドタッチとまではいかないながらも随分と早くなったものだ。こんな中年になってから始めたPCもタイピングも最初はやはり苦労したが。

 

いまだに怪しい綴や やりたいことが出来なかったりもする(笑)

 

でも楽しいんだ。単純に。

 

ものすごく何かを伝えたいわけじゃない、自分にとっての日記のようなものでも何かを考えて行動してその記録を残すこと、気づけばタイピングが早くなっていること、読み返せば何かを継続しているという実感、お酒を呑んで酔うとスラスラ書けるしタイピングが早くなる不思議現象にも気づけて新たな発見や自分の可能性も感じたりもする。

 

四六時中呑んで酔っぱらっていられれば俺は調子が良いのかもしれいという悲しい事実。

 

このブログの中身は自分自身と言ってもいい場所、過去の思い出やその時の想いをもっと上手く表現できるようになりたい、もっと言葉を覚えたい、ブラインドタッチになるくらいタイピングの腕も上げたい、ずっと酔っぱらっていたい、まだまだいろんな経験をしてブログに書いていきたい。

 

ひとつ誰とも違う経験というなら、このブログを書いている環境は普通と違うので書いておこう。大型トラック運転席だ。これがまたシックリくる落ち着く一人空間。

トラックターミナル

 

変わった空間でブログ活動している。

この練習に終わりはないのかもしれない、生きているかぎり何かしらをやっていくからだ。ずっと続けていけたらと思っている、だからブログ名はJARIKOstory。あ、JARIKOは俺のレザークラフト作品のブランド名です。

 

メルカリやminneで販売してます、よろしくお願いします。

 

メルカリ⇒https://jp.mercari.com/user/profile/666882329


minne.com

ではまた!

 

中年になって心の在り方に変化を求めたいようなそうでもないような。

今週のお題「卒業したいもの」

 

人間不信から卒業したいのかもしれない。でも無理かもしれない。

 

いらっしゃい、ツナギです。

 

昔から他人が少しも信用できないことに悩んだりすることがしばしばあります。過去に大きい裏切や普通では起こり得ない体験をいくつか経験したことが原因なのは分かっているけど、それは多感な思春期の頃の話でかなりショックが大きかった。悩むのは信用出来る方が人生生きやすいと思うからだ。

 

ショックな出来事でも悪い反面良いこともある、その過去のおかげで俺はメンタルが強靭になった。同じくらい神経質にもなったが、、、

 

そんな過去があり俺は孤独を好むけど、信用に足る人物達と素敵な人間関係を作りたい願望が少なからず心の奥底にあるのは自分でも気づいている。

 

勘違いしてしまうかもしれないが、リアルでの表向きの俺はこんな悩みを抱えているようなキャラには決して見えない容姿で陽キャ。根暗な見た目ではないし結構人が寄ってくる体質で誰とでも話しますが、そんな一面があったりするのよ。何でも気さくに話しているように見えても本心は決して見せない。寄って来るからとしても他人への不信感は拭えないよ。

 

ポーカーフェイスの達人かもしれない。

 

そんな俺の心情がマッチするフレーズがある漫画のセリフを忘れられずに覚えている。

 

いくつか心に引っかかるセリフがあるので書き綴ってみる。

 

「君たちを心から愛しているよ。そして憎くてならない。」

 

これは人間という生物に対して言っているセリフで、これと同じ思いを俺は抱き続け悩んでいる。とても矛盾した複雑で心理な気持ち。過去のトラウマが無ければ俺はもともと素直に人のことが好きなんだと思う。

 

もう一つのエピソード

 

幼かった 誠実に真実を見極めようとすうるほど言葉は誤解され まだ弱い魂は傷ついた 誰も自分ほどには真実は大切なものでは無いのだという事実もまた僕を深く傷つけた 

僕は冷たかったことなんか一度もない 言葉が誰にも届かない あの言いようのない絶望感

大学に入って 社会人になって いつまでも青臭いこと言ってても仕方ないから当たりさわりない人ずきあいするようになった 真実がどうだのとアホなこと言って人に誤解されて自分を使いべらすこともない

楽だな でも空しい 他人になにも期待しなくなった今のほうがあのときより ずっと冷たい

ひとりで暮らすようになった 大人になるっていい 自分ひとり食わすことができれば 好きにしていいんだから

 

なんて人間味のあるエピソードなんだろう。これにも似た気持ちを抱えて生きてきた自分。だから最後の台詞のように一人を好むようになった。

 

みんなでワイワイなんて歳じゃないけどそんなひと時があってもいいよなとか思う、逆に歳をとったからそう思うのかもしれない。深い話ができるようなそんな友が欲しいのかな。

 

こんなオッサンになって世の中捨てたもんじゃないと思いたいのだ。

 

卒業したいのは、他人への不信感。

 

ちなみにこの漫画は「彼氏彼女の事情」という少女漫画。男が少女漫画なんて の壁を壊した繊細な心のエピソードが多い名作です。是非読んでみてください。

 

ではまた!

最強開運日前日に贈る親父殿への依頼品

計画した日程ではないのだが義父へ作った二つ折り財布は今年最高の開運日前日に渡すことになった。

 

いらっしゃい、ツナギです。

 

本日完成した二つ折りの財布とコインケース。コインケースは良い出来で仕上がり納品したものの、二つ折り財布の制作では相変わらず1度目の制作で微妙に失敗してしまい革が足りなくなって同じ革を探しに行くところからやり直しとなった。革屋さんに買い出しに行き同じ革があることを祈るばかり、、、

 

 

frandria.hateblo.jp

 

frandria.hateblo.jp

 

 

でも、同じ革はなかった、、、、、

 

やっぱり革は出会いなのさ。

 

違う革を購入して再度1からの制作を開始、小さな失敗が何度かあったがなんとか仕様を変えて本日完成しました。最初の制作開始から本日完成まで期間がかなりかかってしまった。

 

でも、出来上がった作品は黒革を使用したので昭和の親父殿が好むような渋い仕上がりとなった。出来上がってみれば最初に作ったコインケースの革より親父殿好みだと思った。

 

今回の作品は依頼品なので制作者のツナギの好みはいらないのだ、依頼主の親父殿が満足してくれることが制作者のツナギにとっては喜ばしい。

 

職人気質な親父殿に渡すところが見たいところだけど、それは嫁ちゃんに任せてツナギは本業へと出かける。

 

財布とコインケースの使用開始は3/15から。今年1番の最強開運日、色々な販売元で開運日にちなんで財布の特集をやっているが、親父殿は元々最強の運勢の星の元に生まれているお方で、今回の財布だって計画でこんな日に納品するわけじゃなくただの偶然での完成で納品。

 

偶然の運で最強の人っているんだなと思う今日この頃でした。

 

糸は焦げ茶の渋い仕上がり



 

とりあえずツナギは明日の開運日、寝不足でなけなしのへそくりを使って宝くじ買いに行こうと思います。

 

開運日にちなんで高額当選しますように!!!!!

 

ではまた!

 

 

 

革と真鍮の魅力満載「JARIKO」

いらっしゃい、ツナギです。

 

「JARIKO」の新作です!

 

カラーリングに自信ありです。ワインレッド色の牛ヌメ革をどのような作品にするか迷いましたが、上品で大胆に仕上がったと思います。

 

今回の作品は仕上がってみれば納得のいく出来になったので強気のお値段で販売します。革も良質なヌメですし。製作期間もかなりかかっているので丁寧な作りになりました。

 

ツナギの好みな話になりますが、やはり革と真鍮はカッコいいです。

 

革も真鍮もパーツごとに切り出し穴あけや縫製や削ったり磨いたり様々な工程をへて完成まで至っています。最近好調に売れ始めたメルカリをメインとしてminneとヤフーフリマでも出品予定です。

 

もし気になるようでしたら覗いてみてください、「イイネ!」や「フォロー」してくれるだけでも励みになります。お気軽にコメントください!

 

メルカリ⇒https://jp.mercari.com/item/m86116921138

 

minne⇒ワインレッド色ヌメ革のコインケース・二つ折り財布セット、シンプルデザイン - 15番街 | minne 国内最大級のハンドメイド・手作り通販サイト

 

YAHOOフリマ⇒ワインレッド色ヌメ革のコインケース・二つ折り財布セット シンプルデザイン|Yahoo!フリマ(旧PayPayフリマ)

100% handmade orignal [JARIKO]

 

まだまだカッチョイイ作品作るぞー!!!!!

 

ではまた!

 

 

 

 

ツナギの思考、道具と創造力の関係

いらっしゃい、ツナギです。

 

サクッとブログに上げたいことがあるので書いていく!

 

日々のレザークラフトで使っている道具達についてだ。

 

今まで使用していた道具達はやりたいことに必要になれば買い揃えたりスターターキットに入っていた道具を使ってきた。ツナギはあまり道具にこだわりはない方だ。理由として値段相応に良し悪しがあるのは分かっているがこだわるとキリがないから。あとは道具ありきになるとそれなしではいられなくなるからだ。

 

道具がなければ良いものはできないなんてことはない、知恵を絞りながら物作りに励むハングリー精神はとても大事だと思っている。そうゆうところから自由な発想は生まれる。

 

しかし今回、同じ用途の道具をより良い物に交換してみた、コーンスリッカーという革の切断面の処理をする道具だ。コバ磨きだね。

 

スターターキットの明らかに安物の道具といかに違うのか検証だ。

 

左の黒い方が今回購入した黒檀製の道具、右がスターターキットのいかにも安物っぽい道具。

見た目にも違いは明白かな?

 

使用感のせいもあるが、明らかに右の道具が安くさい。

 

実際に触ってみると歴然とした差がわかる、硬さと重さだ。明らかに硬そうな木で少し重みがある。どれくらいの差があるのか測ってみた。

 

スターターキットの安物21g

今回買った黒檀のコーンスリッカー46g

倍以上の重さがあり硬い。

 

まだ実践での違いは試してないけど違いは明らかだと思う。

 

でも、質のいい道具買ったよーーー!って報告のブログじゃないんだ。

 

ちゃんと見てよこの形、どう見てもさこれはアレだろ?男のナニと言うかなんと言うか。

 

このサイズ感もさ、、

少し小さめだけど

ヴヴヴぅぅぅぅぅイイイイぃぃぃぃンンン!!!!!とか

 

グウィングウィングウィンとか音鳴りながらウネウネするヤツじゃないのか?

 

若かりし頃初めて使った時は興奮したものさ、もう飽きたけど。

 

これを書きたいがためにブログ書いたけど一応物の違いも数字で明らかだったし、今後のレザークラフトも一層良いものが出来ると思います。

 

ではまた!

 

 

目の輝きを失ったおっさんsバイク

いらっしゃい、ツナギです。

 

通勤、通学にバイクを使用しています。学生ではありませんよ、しっかりおっさんです。関東圏はどこもかしこも渋滞に巻き込まれるのでバイクは重宝する乗り物です。長年の足で相棒です。

 

はい、壊れましたー。

 

相棒もおっさんです。

 

今どきキャブ車で年代物オフロード車両なので。

 

今回は目の輝きを失って鬱の症状。

 

メーターの電気が切れてスピードも給油時の距離も分かりません、ツナギは主に夜行乗車なので全く見えません。真っ黒メーター。走行可能でなんとかよかった。

 

相変わらずネットで検索して自分で直します。

 

ほほー、なるほどね。

 

バイクパーツ屋さんに電球を買いに行く、切れてしまったオレンジ色裸電球からホワイトのLEDに変更、どうせ修理するなら改造したいパーツ類。メーターを分解してバラバラに。

 

ホントはメーターごと変えたいが、、、

 

そんなお金はない!あるわけがない!だってそんなに働きたくないもの!社畜の仕事なんてクソ喰らえ!バカヤロー!

 

こんなの簡単よ!

ネジ外すだけだから大した手間もなし、電球はメーターユニットの中にゴムカバーごとはまり込むような作りで引っこ抜くと取れるみたいだ。

 

 

LED球は裸電球の倍のお値段で1500円、少し迷ったけど明るいし長持ちしそうな方を選んだ。

 

この小ささで1500円よ。

 

無事交換完了で元に戻したけど、なんか分からないパーツがひとつ余ったので適当なところにぶっ刺しといて終了とした。いつも何かが余るんだよね、不思議となくても問題なく走れる。

 

子供達が外で遊んでいるなか見守りながらバイクを修理して整備記録をブログに残す。

 

作業後の一服に葉巻を燻らせながら外でパソコンポチポチしてる変な父親が私です。

 

寒くて集中できないよ!

 

お金持ちになってガレージライフが夢のひとつ。

 

ではまた!